柄物で衣装を作るには

布

難しければ業者に依頼

ストライプの生地を使ってイベントや発表会などで着用する衣装を、自分で手作りしようと考えている方もいらっしゃると思います。ストライプの生地を使って作る場合に気を付けたいのが、ストライプの柄あわせです。衣装の左右や前後でずれてしまうと、せっかくの衣装も魅力が半減してしまいます。ストライプ柄が太く、色が濃い生地ほど柄あわせのずれが目立つので注意が必要です。ストライプのような柄あわせが難しい生地を使う場合におすすめなのが、業者に衣装の作成を依頼する方法です。希望のデザインを伝えることで、難しい柄あわせもきれいにやってもらえます。また、衣装を何十着と作らなければならない場合、自分でやろうとすると時間が足りなくなってしまう可能性がありますが、業者に依頼すれば数が多くても安心です。ストライプの生地を使った衣装の作成を業者に依頼する場合、業者の方で生地も何種類か揃えていることが多いので、その中からイメージに合うものを選ぶようになります。自分で考えたデザインを基に作成してもらいますが、まいす業者によってはデザインから任せられるところもあるので、デザインに自信が無い場合はそういった業者を選ぶようにすると良いでしょう。注文する枚数が多い場合は、着用したい日まで間に合うか納期についてもきちんと確認しておく必要があります。また、特殊なストライプの生地を使う場合は、在庫が無いことも考えられるので、余裕を持って注文すると安心です。

Copyright© 2018 ストライプ生地が支持される理由【錯覚を駆使した着やせテク】 All Rights Reserved.